SPORTS HUB

総合型地域スポーツクラブの持続的な発展について ~SPORTS HUB vol.1~

「総合型地域スポーツクラブは、それぞれの地域において、スポーツの振興やスポーツを通じた地域づくりなどに向けた多様な活動を展開し、地域スポーツの担い手としての役割や地域コミュニティの核としての役割を果たしています。」--スポーツ庁HPより抜粋して引用

「果たしているだろうか?」というのが率直な感想です。

確かに総合型地域スポーツクラブは数多く普及しています。スポーツ庁によると、「平成29年7月には、創設準備中を含め3,580クラブが育成され」とあるので、1都道府県平均76クラブもあることになります。

しかし、地域コミュニティの核になっているかというと、必ずしもそうではないように思います。地域住民が存在を知らないことさえ多いです。

これらの矛盾と総合型地域スポーツクラブの持続的な発展について、実際に総合型地域スポーツクラブを運営している3名にオンラインでの座談会形式でお話を伺いました。

 

登壇者自己紹介

※詳細なプロフィールは記事の一番最後に記載しています。

松嶋:まず、これまでの経緯や活動状況などを教えてください。最初に石井さん、お願いします。

石井:2011年、28歳のときに埼玉県川口市に総合型地域スポーツクラブ「きゅぽらスポーツクラブ」を立ち上げました。すでに市内には5つのクラブが存在していたため、差別化を図るために若年層向けのクラブを目指しました。また、川口市は転入者が多い街でもあるため、地域に繋がりが少ない方向けのクラブという立ち位置にもなっています。

クラブの運営以外に、小学校放課後子ども教室・児童発達支援教室での運動プログラムなど地域スポーツの課題を解決する活動や、コミュニティスペース・スポーツ事業者オンラインコミュニティなどの運営も実施しており、スポーツに限らずコミュニティ事業を広く展開しています。

松嶋:石井さんは活動の幅が広くて、なにを取り上げたらよいか悩んでしまいます(笑)。最近は春日部市のシティセールス広報課のマーケティングも担当していますよね。よろしくお願いします。次は上杉さん。

上杉:2013年、高齢化率1/3の農村である長野県喬木村に、総合型地域スポーツクラブ「たかぎスポーツクラブ」のマネジメントをするために地域おこし協力隊として赴任しました。任期満了後も含め合計7年間活動し、2020年いっぱいで退職。2021年1月からは埼玉県富士見市で新たなクラブ立ち上げにチャレンジしつつ、たかぎスポーツクラブのアドバイザーとしても活動します。

松嶋:上杉さんはnoteというプラットフォームで毎日総合型地域スポーツクラブに関する記事を投稿していて、いつも拝見しております。いつ書いてるんですか?

上杉:朝5時半ごろから書き始め、家族が起きる前に書き終えるようにしています。やると決めているので(笑)。

松嶋:僕が朝起きたときにはいつも記事がアップされているので、ありがたいです(笑)。よろしくお願いします。次に、大和田さん。

大和田:福島県広野町で、東日本大震災後の2012年に解散状態となっていた総合型地域スポーツクラブ「広野みかんクラブ」の再立ち上げメンバーとなりました。以降、体育協会、スポーツ少年団を組織内に統合し、その事務局長を務めています。

松嶋:ありがとうございます。大和田さんとは、僕の前職時代からの付き合いなので、もう3~4年になりますね。総合型地域スポーツクラブなのに大規模なスポーツイベントの経験も豊富で独特なので、ほかのクラブの参考にもなるんじゃないかなぁと思ってます。

今日は、太平洋沿いの福島県広野町から、内陸の長野県喬木村まで、車移動で500㎞にもなる広範囲で座談会となります。スポーツにとっては厳しい1年になりましたが、リモートが普及したおかげでこういった会が開催できたと思うと、また違った新たな発展にもつながりそうだなとわくわくしています。本日はよろしくお願いします。

水道などのわかりやすいインフラと違い、答えがないもの

松嶋:企画のテーマが「地域スポーツが持続的な発展をするためにはどうしたら良いか?というものです。抽象的すぎて申し訳ありませんが(笑)、地域スポーツという未発達の業界だと抽象的にならざるを得ないのかな、とも思っています。総合型地域スポーツという立場での認識や課題を教えていただけますか?

石井:私の認識では2つあって、1つ目はボランティアとしてではなく、しっかり事業としてお金をまわすこと。2つ目は長期的な発展という意味で自治体と連携することだと思います。後者は特に川口市としては課題で、自治体が現状困っていないので、なかなか連携するに至っていません。

松嶋:なるほど。そういった大きな都市だからこそ、自治体との連携が難しいのでしょうか。広野みかんクラブでは、連携がうまくいってるような気がしますが。

大和田:広野町は、もともと自治体が主体で立ち上げたクラブだったのです。だから必然的に連携することになるのですが、長期的な計画までは固まっていませんでした。それに対して、クラブなりのビジョンを描くのですが、そこにどれだけお金をかけることができるか、住民や自治体との考え方の違いなどでなかなかうまくまとまらないことが多いように思います。

松嶋:自治体は公的機関であるが故にリスクを取りにくく、基本的には毎年同じ動きになってしまいますよね。自治を安定させるという意味では大切なことですが、地域スポーツを発展させたいクラブとのギャップは大きいように思います。上杉さんも、地方の小さな自治体という意味で似た環境かと思いますが、いかがでしょうか?

上杉:私は地域おこし協力隊として移住したので、自治体の職員になったんですよ。前職は民間企業だったため、考え方のギャップは大きかったです。その分、自分に任せてくれる部分が大きかったんですけど、やはり長期的なビジョンを共有して進めていくのは難しかったです。  

松嶋:喬木村では自治体とクラブの両方の立場でしたが、富士見市では完全に外部で立ち上げる立場になりますよね?

上杉:まずは小さく生んでコツコツと活動していきつつ、信頼と実績を積み上げていくしかないかなと。

松嶋:上杉さんの次の挑戦の舞台である埼玉県で、石井さんは既に10年活動されていますが、自治体との関わりはほとんどないんですか?

石井:川口市では今10クラブが存在しています。クラブとしてスポーツ課との関わりはほぼなく、生涯学習課とは放課後子供教室、市民生活部とは障がい者スポーツ体験教室の開催(ボランティア)という事業ベースでの関わりとなっています。

松嶋:でも、長期的に考えたら連携していく方が理想ということですよね。「地域スポーツ」というインフラ的な事業のため自治体との連携は必須ですが、水道などのわかりやすいインフラと違い、答えがないものだからこそ連携や長期的な計画が難しいのかもしれないですね。

会費が上がっても会員数は減らないと思っています

松嶋:石井さんがおっしゃっていた「自治体との連携」ともうひとつの課題、「事業として成り立たせること」について、活動や課題に感じていることを教えていただけますか?

上杉:私はクラブマネジメントにしか興味がなく、講演・発信活動も全て総合型地域スポーツクラブの普及発展のため実施しています。そして、クラブの経営は、受益者負担を徹底しています。自分たちのお金は自分たちで工面する、きちんと働いている人には相応の報酬を出す、そのためのクラブ経営という考え方です。

ただ、学生相手に講演活動をしていると、やりがいよりも安定(企業への就職)という考え方がほとんどで、地域スポーツクラブを仕事として成り立たせるのはまだまだ難しいなぁと感じています。

松嶋:そもそも地域スポーツという業界が認知され、価値を高め、お金が回るようにしなければいけないですね。石井さんは様々な事業展開をされていますが。

石井:クラブ外の活動である放課後子供教室も、児童発達支援教室も、体力測定事業も、自ら立ち上げたわけではなく相手から声がかかったものでした。発信活動から話が広がっていくケースが多いです。すぐに事業になることはないので、広報的価値、長期的価値を踏まえて取捨選択しています。

松嶋:上杉さんも実施されていますが、活動を発信することで認知され、地域やスポーツにとっての存在価値を高めていくということですね。一方で広野みかんクラブでは、町の事業をクラブで受託していますよね。

大和田:みかんクラブでは、体育施設管理、代表チームの運営、大会運営など、自治体ではやりきれなかったり、継続性や熱量が必要とされる事業を受託しています。クラブの教室事業だけでは人件費を賄えないので、町の施設管理業務の受託が人件費の中心になっています

松嶋:広野町にとってのみかんクラブは地域スポーツの中心的存在になっていて、熱量も高く活動できるので理想的なように思えます。

大和田:やりがいはありますが、給料が低いという意味では難しい面があります。安定を目指すなら企業や自治体に入った方が良いという考え方になってしまいがちです。クラブの会費を上げるのもなかなか理解を得にくいですし、その分町からの補助金が減るという堂々巡りになってしまいます。

上杉:たかぎスポーツクラブでは、村からの補助金を7年間でゼロにしました。施設管理・予約業務を村から受託していますが、会費や事業収入が大半を占めます。会費は上げ続けていますが会員数も伸び続けており、会費が上がっても会員数は減らないと思っています。感情の問題であって、クラブの持続性をしっかり説明すれば納得してもらえます。

松嶋:クラブの価値を高め、持続するためにお金が必要だということを理解してもらうことが大切ですね。そのためにはやはり長期的なビジョンが必要なように思います。

地域スポーツを盛り上げていきたいという想いは各団体同じ

上杉:体育協会、スポーツ少年団、公民館など、目的は似ているけど別々に活動している団体がありますよね。しかし、それぞれの団体の間には壁があるように思います。理想は組織をひとつにすることですが、取り組めていません。

大和田:小さなひとつの町に体育協会とスポーツ少年団と総合型地域スポーツクラブがあっても、町民にとってわかりにくいと思います。広野町では、自治体側の管理という点も踏まえて統合し、当時の各団体指導者には運営委員として残っていただきました。統合当初こそ会費や活動の考え方など課題はありましたが、今ではうまく回っています。

松嶋:地域スポーツを盛り上げていきたいという想いは各団体同じだと思うので、広野町のように統合はできなくても連動はしていくべきですね。そのためにはやはり、中心的な存在である自治体との協働が必要なように思います。

そろそろ終了の時間となります。短い時間でしたが、地域特性で違う課題や、共通している課題、成功体験も共有できてよかったです。まだまだ小さい業界なので、日本のどこかでうまくいっている仕組みがあっても、なかなか横展開されないんですよね。今後もこういった会を開いて地域スポーツの発展を目指していきたいと思います。本日はクリスマス(12月25日)にありがとうございました!

 

あとがき

今回は、埼玉県川口市、長野県喬木村、福島県広野町という全く違う地域の総合型地域スポーツクラブの活動や課題について、座談会を実施しました。

それぞれの地域特性から課題や工夫の仕方が違うと感じましたが、共通の課題として一番強く認識したのは、経営の資源(お金、人)です。事業にしにくい分野のため、この課題はどうしても付きまとってしまいます。だからこそ、上杉さんの「きちんと働いている職員には相応の報酬を」という考え方は大切だと思いましたし、そのために総合型地域スポーツクラブの価値や必要性を高める必要があると思いました。

初回の開催にあたり、なんの実績もない僕の急なお願いを快く引き受けてくださった石井さん、上杉さん、大和田さん、ありがとうございました。私含めて全員30代です。総合型地域スポーツクラブ運営の集まりで全員30代というのは、かなり珍しいことなんじゃないかなと思います。

地域スポーツを盛り上げていくために、我々若い世代で押し上げていけたらなとも思いました。

座談会メンバープロフィール

石井邦知さん

埼玉県川口市で「きゅぼらスポーツクラブ」を2011年に立ち上げ。小学校放課後子ども教室・児童発達支援教室での運動プログラムなど、地域のスポーツ課題を解決する活動や、コミュニティスペース・スポーツ事業者オンラインコミュニティなどの運営も実施。コミュニティ×スポーツで幅広く事業を展開している。

▶ 川口市の総合型地域スポーツクラブ「きゅぽらスポーツコミュニティ」:https://www.cupolasports.com/
▶ コミュニティやレクリェーションとしてのスポーツの価値を発信するWebメディア「こむすぽ」:https://comspo.net/
▶ note:https://note.com/yoriai
▶ Twitter:@YORIAI_comspo

上杉健太さん

2013年に長野県喬木村に地域おこし協力隊として赴任。「たかぎスポーツクラブ」のマネジメントを手がけながらWEBでの発信活動も実施している。2021年1月からは埼玉県富士見市での総合型地域スポーツクラブ立ち上げにチャレンジしつつ、たかぎスポーツクラブのアドバイザーも務める。

▶ 長野県喬木村の総合型地域スポーツクラブ「たかぎスポーツクラブ」:https://takagi-sportsclub.jimdofree.com/
▶ note:https://note.com/kenta_manager
▶ Twitter:@kenta_u2

大和田幸弘さん

福島県広野町で東日本大震災後の2012年に、解散状態となっていた総合型地域スポーツクラブ再立ち上げメンバーとなる。以降、体育協会、スポーツ少年団を組織内に統合し、事務局長を務める。

▶ 福島県広野町の総合型地域スポーツクラブ「広野みかんクラブ」:https://hirono-mikan-club.com/
▶ 広野みかんクラブのFacebook:https://www.facebook.com/mikan.club

松嶋康平(主催)

フリーランススポーツプランナーとして活動しております。詳細なプロフィールはこちらから。
▶ note:https://note.com/matsuhira90
▶ Twitter:@matsuhira90

 

-SPORTS HUB

© 2021 まつひら屋/地域スポーツプランナー Powered by AFFINGER5